本当に淫らな人妻たち

PC
< 前へ ブログトップ 次へ >

小学生とエッチした淫らな人妻

M.M(32歳)



32歳の専業主です。

小学三年生の娘と夫がいます。

賃貸マンションで暮らしています。

ごく普通の家庭ではないでしょうか?



同じマンションに娘の友達がいるのです。

六年生の男の子です。

その子の母親とは私も友達同士です。



男の子の母親はお店を経営しています。

母と子の二人暮らしでした。

母親の帰りがいつも夜中みたいです。



その男の子の面倒を私はよくみます。

もう一人のわが子のような感じかな。



よく遊びに来てはお風呂に入れたり、

食事を一緒に食べたりしています。



先日のことです。

夫が出張で留守でした。



丁度その日は男の子がきてました。

夜の9時過ぎに娘は寝てしまいました。

私と男の子だけになったのです。



私は性欲が強い方です。

その夜も何となく淫らな気持ちにっていました。

だからでしょうか?

その日はなんだか、気分がおかしかったようです。



自分でも考えられない様なことを想像してしまいました。



それはこの男の子を相手にエッチを・・・

不謹慎な想いではありますが、

その時の私は自分でも制御できないほど乱れてました。



男の子は、将来イケメンと呼ばれそうな、

端正な顔立ちをしています。

そして、けっこう高身長なのです。

低身長な私とあまり変わらないくらいでした。



その男の子を誘ってお風呂に入ったのです。

お風呂ではもう私は夢中でした。

頭の中はエッチなことでイッパイでした。



それでも、何気ない振りをして、

男の子と 遊ぶことを考えたのです。



私は風呂の床に脚を投げ出しました。

体中に石鹸の泡を付け、

男の子を脚の上に跨らせたのです。



向き合う格好です。

そして男の子の肩を持って滑らせたのです。



何回も遊ぶ振りしながら、

ひざの方から太ももを、そして抱き合ったりしました。



もう私のアソコはヌルヌルしたものが出てたと思います。

男の子の方も小さいながらも勃起してました。



最初は面白がって笑っていた顔は、

もう真っ赤になり興奮してるようでした。



「もっといいこと教えようか?!」



なんて言いながら、勃起したものを握ってっていました。



「教えるけど誰にも言っちゃダメだよ」



って、念を押して。



シャワーで体の泡を流してから、

再び風呂の床に脚を投げ出し、

今度は足を開きました。



彼を足の間に入れ、私の恥ずかしい所を見せながら、



「ここにコレが入るんよ」



と言いながら、彼のおちんちんをあてがいました。



まだ小さなおちんちんです。

すんなり中に入りました。

けれども小さいけど堅いのです。



「はぁん。あ・・・ふぅ〜ん・・・」



入った瞬間の感触に、

思わず声を上げてしまいました。



淫らな自分のやってることが、

更に私を燃え上がらせました。



中に出すのはまずいと思い、

後で、手で握って射精してあげました。



彼は目をトロンとさせて、喘いでいたのです。



「誰にも内緒よ。そうすれば、また気持ちイイことしてあげるからね」



彼は何度も、激しく首を縦に振ったのです。













ひとみの内緒話








MITSU(21)04281

MITSU(21)04282









Hな読み物の館






カメラ越しのSEXを楽しもう
トラックバックURL
http://midaratuma.dtiblog.com/tb.php/718-55d63d2d

< 前へ ブログトップ 次へ >

関連リンク

Powered by DTIブログ